大学院留学のコース選び

大学院留学のコース選び

大学院留学のコース選び イギリスで大学院留学を検討されている方にとって、どのようなコース選びをしたらいいのか迷いますよね。
実際にこれまでに多くの日本人が、現地に行き専門的な勉強をしていますが、自分にとって納得できるコース選びをすることがその後のキャリア形成に繋がるために慎重に行う必要があります。
まず、なりたい自分を想像することから始めましょう。
例えば外資系の金融機関で働きたいのなら、金融系の知識を深めるために経済などが専門的に学べるような学校を選ぶことをおすすめします。
また、イギリスでは国際開発や芸術などの分野に強いため、これからのキャリアがまだ明確に決まっていない場合でもそのような分野を少しでも学べる学校を選ぶことは自分のキャリア形成において何か良いものを得られる可能性もあるでしょう。
大学院留学は一年であることが多いため、短いことから最低でも一年は出国までの時間を使い自分のやりたいことは何か向き合ってみることが大切です。

大学院留学をイギリスで行う場合英語力はどれだけ必要か

大学院留学をイギリスで行う場合英語力はどれだけ必要か 日本で大学を卒業し、卒業後に大学院に進学する人や一度社会人を経験してから大学院に入り直す人は近年増加しています。
大学卒業後に大学院に進学する人の割合は約11%であり、10人に1人以上が大学院に進学する割合となっています。
学生時代に留学してみたいと思っていた人にとって大学院留学をすることは海外で学ぶ機会であり、将来のキャリアアップにも大きく影響します。
海外の大学院を選ぶ際、有名な大学が多い国は教育や研究の質が高いと言え、オックスフォード大学やケンブリッジ大学など世界的に有名な大学が多いイギリスは人気の選択肢となっています。
しかし、大学院留学をするとなると懸念するが語学力です。語学留学ではないため、ある程度英語が得意である必要があり、語学力を証明する資格ももちろん必要です。
日本で多くの人が受験する英検やTOEICは世界中で評価してもらえる指標であるとは言えず、イギリス留学をする際にはIELTSという試験の点数が必要です。
大学院留学にはIELTSで7.0以上取得することが基準の1つとなっており、大学院留学をすることを考えている人はまずIELTSの勉強をするといいでしょう。